抜歯後の隙間の経過①(矯正11ヶ月、表側抜歯矯正、インプラントアンカー)

インプラントアンカーについての今までの様子
調整2019.11.27②(インプラントアンカー)
インプラントアンカー埋入後の様子①
インプラントアンカー埋入後の様子②
調整2020.7.27(インプラントアンカー終了、パワーチェーン交換、下ワイヤー調整)

写真は撮ったけど、中々ブログを書けなくて2週間程前のことになります。




左上の3抜歯跡が埋まった


表側抜歯矯正で上顎インプラントアンカー使用での矯正をしていたのですが、
11ヶ月目にしてやっと左上の3番が5番とくっつきました。
まだ不安定なのでうっかり下の歯で前に押してしまうと動いて隙間が開いてしまいます。

左上の抜歯跡の画像





その他の抜歯跡の画像


他の3番~5番の隙間は、右上約1.5㎜、左下約1㎜、右下約2㎜でした。

気になること


その他の抜歯跡の様子3番がくっついてきてわかることは、
寝ているときに下の5番で3番を前に押していることです。

本当は下顎を更に前に出した位置が私には丁度良いんだと思います。

でも下の歯を後ろに下げる歯茎のスペースも見たところないし、
顎も大人だから拡大されないだろうし、諦めるしかないかなと思っています。
一応次回調整で言ってみよう。
(調整で噛み合わせについて聞いてみました。)

次回
抜歯後の隙間の経過②(矯正11ヶ月、表側抜歯矯正)







是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします