歯列矯正での下に飛び出ている出っ歯の変化

世の中では前に飛び出している出っ歯が一般的ですが、
今回は、
下に飛び出ている出っ歯について書きます。



下に飛び出ている出っ歯が直ってきた

歯列矯正で歯並びが改善してくるにつれて、
笑いやすくなってきました。

何故かというと、
歯並びが地面と平行になってきたからです。

今までは、
前歯が下に飛び出ていて
口を大きく開ける必要がありました。

  • 矯正前と矯正中の比較画像

笑っても、歯が下唇に付かないので
余計な力が入らず笑いやすい。
口を開ける面積が減り、楽になりました。



出っ歯で困っていたこと

  • 口を開け閉めするのが大変

開ける時、下唇を下げないといけない。
閉じる時、下唇で覆わないといけない。

  • 見た目が良くない

前歯系の動物に例えられやすい。
写真を撮ると、歯の主張が強いことに落ち込む。

特に変化を感じたところ

  • 歯茎が見えにくくなった画像


口を大きく開けなくても笑えるようになったので、
ガミースマイルが改善されてきています。

  • 唇のカーブが緩くなった画像


上の歯の下端のラインが全然違いますよね。

  • 矯正前

歯の下のラインまで口を開けないと笑えないので
無意識に口を大きく開けるしかありませんでした。

  • 現在

歯の下のラインが真っすぐに近いので
口を開ける面積が少なくて済みます。
歯の主張も無くなりました。

矯正をして本当に良かったと感じます。

今までの矯正での変化

アラサーで歯科矯正始めます。

横顔変化 2019.9~12(3ヶ月後)
顔の変化(3ヶ月後)

横顔変化 2019.9~2020.4 (半年後)

顔の変化①(正面)9ヶ月後
顔の変化②(横)9ヶ月後
歯茎から出っ歯で鼻が低い?






是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします